携帯電話でお得なカード

1card
ranking1
Softbankカード
cs  ソフトバンク(SoftBank)とクレディセゾン(セゾンカード)が提携して発行するクレジットカードです。携帯電話・スマートフォンの紛失・盗難・破損など万一の時に端末買い替え費用の一部を補償する『ケータイ安心補償』が付帯しています。補償適用端末は、ソフトバンク3G(携帯電話)、SoftBankスマートフォン(アンドロイド)、iPhone4/4S/5です。
ranking2
auじぶんcardセゾン
cs  auじぶんcardセゾンは 【株式会社クレディセゾン】と【au】の提携カード(年会費無料)。普段の買い物や公共料金の支払いで1%、au料金は1~2%と、ポイント還元率重視の方(特に【au】愛用者)におすすめのクレジットカードとなっています。
ranking3
NICOS VIASOカード
 携帯電話やネットプロバイダーの利用料金もポイント2倍。au、docomo、Soft Bankはもちろん、Yahoo!BBやOCNなど幅広く提携しています。携帯電話、プロバイダーの利用料金の支払いをまとめ、買い物や旅行などでETCを使用する、といったカードの利用方法なら、たくさんポイントが貯まり、お得になります。
ranking4
coming soon
cs  coming soon
ranking5
coming soon
cs  coming soon
ranking6
coming soon
cs  coming soon

クレジットカード会社はなぜこのようなお得なサービス(クレジットカード会社にとっては損?なサービス)をやっているのでしょうか?

実は、クレジットカードの利用率(年間1回以上利用されたもの)は約20%程度と言われています。クレジットカード会社にとって、使ってもらえないカードは発行すればするほど赤字になります。クレジットカードは使ってもらってなんぼですから、確実に使ってもらえるカードをクレジットカード会社は作りたいのです。

携帯電話料金は確実に毎月支払うものですので、これをカード引き落としにしてもらうことでクレジットカードを毎月確実に使って貰うことができます。また毎月のカード利用金額に応じてキャッシュバック率を決定することで、メインカードとして使ってもらうことができます。

ですから、普通のクレジットカードよりも少々キャッシュバック率を高く設定してもカード利用率が高ければクレジットカード会社にとっては有難いことなのです。

member1-2