電子マネーでお得なカード

6card
ranking1
JCB ORIGINAL SERIES 一般
 QUICPay対応のクレジットカード。
提携企業とのキャンペーンがとにかく豊富。特にオフィシャルスポンサーでもある東京ディズニーリゾートのキャンペーンはカード会員限定のものもあり大人気のカード。
ranking2
JCB ORIGINAL SERIES ゴールド
 QUICPay対応のクレジットカード。
上記カードのゴールドカード。海外利用や優待店ではポイント付与率が2倍、国内空港ラウンジ無料利用など充実のサービス。
ranking3
JCB ANAカード
JCB ANAカード  楽天Edyを同時発行できるクレジットカード。
入会時及び毎年のカード更新時には1,000マイルプレゼントやANAを含むスターアライアンス加盟各社の航空便搭乗で区間マイレージに10%がプラスされるなど、ANAマイルを貯めたいならぜひとも押さえておきたいカード。
ranking4
JCB EIT
JCB EIT  QUICPay対応のクレジットカード。
ポイントは通常のJCBカードの2倍貯まるのでキャッシュバックも2倍お得に。ガソリン代も、ETC料金もポイント2倍!
ranking5
セゾンインターナショナルカード
セゾンインターナショナルカード iD付帯のクレジットカード。
最短即日発行で、年会費永久無料のセゾンのスタンダードカード。
永久不滅や毎月5日と20日は全国の西友・リヴィンで5%割引など、生活に密着したサービスは主婦層を中心に女性に人気で、専業主婦でも申込めるのは大きな魅力です。
ranking6
ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード
セゾン・アメリカン・エキスプレスカード
ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード  楽天Edyが同時発行できるクレジットカード。
コンビニやレストランなどEdy加盟店で少額のお買い物時でも0.5%ヤマダポイントが還元されます。カード一体型だから、1つのカードで使い分けが簡単にできる。
ranking7
ANA To Me CARD PASMO JCB
ANA To Me CARD  PASMO対応のクレジットカード。
カードを利用することで、JCBと東京メトロのポイントおよびANAマイルと最大3種類のポイント獲得が可能。
PASMO機能を利用して東京メトロに乗車すると平日は5メトロポイント、土日祝は15メトロポイント貯まるほか、定期券購入など幅広いポイント獲得が期待できます。

ここ数年で利用者が急増している「電子マネー」。

小銭を持ち歩かなくて良い、急いでいる時でもスピーディーに支払いができるという便利さに加えて、ポイントなどの特典が整備されてきたことが人気上昇の理由ではないでしょうか。

交通機関系のSuicaやPASMO(関西であればICOCAとPiTaPa)のほか、買い物系のEdy、iD、QUICPay、nanaco、WAONなど種類も豊富になってきました。

電子マネーはそれぞれ利用できる場所が違うので、自分の行動範囲と利用目的を踏まえて選択することをオススメします。

member4-2